大豆粉砕・分離機FAQ

ベストセール

50年間の業務用食品機械の供給| Fujimarca

台湾にあり、 JYU FONG MACHINERY CO., LTD.は、1968年以来、食品機械業界の商業用食品機械サプライヤーおよびメーカーです。アイスシェーバー、キンカン、レモン&ジンジャークラッシャー、電気挽き肉、ウィートグラスマスチックジューサー、大豆粉砕分離機、ミキサー、製麺機、イカ圧延機などの主要食品機械。

人間工学に基づいた設計、CE認定モーター、日本のステンレス鋼の刃、および設計された真ちゅう製のプレートを備えた業務用食品機械。 Fujimarcaのには、メンバーの70%以上が18年以上の実務経験を持ち、技術的なトラブルシューティングを提供し、問題をタイムリーに解決するエリートのチームがあります。

Fujimarca 高度な技術と50年の経験の両方を備えた高品質の業務用食品機械をお客様に提供してきました。 Fujimarca 各顧客の要求が満たされていることを確認します。

大豆粉砕・分離機FAQ

1.大豆粉砕機の消耗品は何ですか?

2.初めて砥石のスペースを調整する必要がありますか?

3.プロセス中に漏斗と機械の間に水が浸透するのはなぜですか?

1.大豆粉砕機の消耗品は何ですか?

この機械には消耗品がほとんどありません。通常、部品の交換は、不適切な清掃または分解による摩耗のために交換する必要があります。最も一般的な交換品はステンレス鋼フィルターで、2〜3年持続します。形が崩れたら交換してください。

2.初めて砥石のスペースを調整する必要がありますか?

すべての機械は砥石の標準スペースに調整されているので、最初はスペースを動かさないでください。使用期間後、スペースは初期状態よりも大きくなります。その後、取扱説明書の手順に従い、付属の工具を使用して行ってください。

3.プロセス中に漏斗と機械の間に水が浸透するのはなぜですか?

作業中は研削部に大量の水を入れる必要があり、入力量は親指のように大きくする必要があります。そうしないと、ペーストとスラグが付着し、入口に押し戻されます。水が問題ではない場合は、豆の硬さが原因で、粉砕が難しい可能性があります。浸漬時間を延長してください。